獣医師から病気のお話

獣医師から病気のお話ABOUT DISEASES NEWS LETTER

(再掲載)膀胱・尿道結石についてのおはなし

膀胱結石は、その名のとおり膀胱に結石ができる病気です。
尿道結石は、オスのワンちゃんの尿道に結石が詰まってしまう病気です。

どんな症状になるの?

この病気になってしまうと、頻尿(オシッコが出にくくなったり)や血尿(オシッコに血が混じったり)などの症状が現れます。
また、オシッコの姿勢をとっても、おしっこがポタポタとたれるように出てくるようにもなります。

原因1

膀胱結石・尿道結石は、オシッコに石ができやすい体質であったり、食事内容や水分摂取がへったり等のいろいろな原因でなることがあります。
結石には、ストルバイトと呼ばれる結石やシュウ酸カルシウム、尿酸塩、シスチンなどがあります。
ストルバイトは、リン、マグネシウム、アンモニウムから構成され、尿路の細菌感染で、オシッコがアルカリ性になるとできやすくなります。
できやすい犬種は、ミニチュア・シュナウザーなどがいます。
シュウ酸カルシウムは、シュウ酸とカルシウムから構成され、ミニチュア・シュナウザーやシー・ズー等ができやすいです。
尿酸塩は、食事から摂取したプリン体からつくられます。
ダルメシアンやヨークシャー・テリアなどができやすいです。

原因2

膀胱結石の治療は、結石の種類や大きさによって異なります。
例えば、小さく溶かしやすいと考えられる結石であれば、病院の処方食で内科療法を行います。
細菌感染を引き起こしている場合は、抗生剤や抗炎症剤を投与します。
しかし、溶けにくい種類の結石であったり、大きな結石、尿道にある結石では外科手術によって摘出が必要になります。