ホームへ戻る

健康診断

トップページ健康診断

年に1度の健康診断は言葉を話さない犬ちゃん・猫ちゃんにとってはとても大切です。元気や食欲があっても、
気付かないうちに病気が進行していることもあります。
ヒトの4〜5倍のスピードで歳をとる犬ちゃん・猫ちゃんにとっては、毎年欠かさず健康診断をうけることが
重要です。

お家でできる健康チェック

  • 毛並み(毛づや、脱毛、脂症)
  • 体重(減ってきた、増えてきた)
  • 食欲(食欲がない、食べ過ぎる)
  • 飲水(たくさん飲む)
  • おしっこ(量が多い、においない)
  • 便(時間がかかる、下痢)
  • 咳
  • 歩き方(少しおかしい、階段を上がらなくなった)
  • 目やに、耳垢
病院でできる検査項目
・尿検査 尿検査は全身状態を把握する健康診断の基本です。
特に尿比重の測定は腎臓病の早期発見につながります。
・糞便検査 腸内寄生虫の有無、腸内細菌の状態を調べます。お外に行く犬ちゃん・猫ちゃんは寄生虫感染率が高く、人への感染を防ぐためにも重要です。
・血液検査 白血球・赤血球といった血液成分を検査します。この検査で貧血・身体の炎症・感染症の有無といった全身状態をみます。
・血液生化学検査 生化学検査では各臓器の状態を調べることにより肝臓・腎臓・膵臓の病気や糖尿病、脂質代謝異常などがわかります。また、病気の進行度を把握し今後の治療方法を選択する大きな目安となります。
・レントゲン検査 外観からはわからない胸部・腹部の内臓とその周辺の病巣を映し出します。
心臓診断にも欠かせず、骨、脊椎や関節の検査としても重要です。
・超音波検査 レントゲン検査では判断しにくい各臓器の内部構造を把握する検査です。腫瘍、心臓の弁膜の動き、胸水、腹水、肝硬変など診断できます。妊娠診断にも使用します。
・心電図検査 心臓の動きを電気的に記録します。不整脈や心臓機能について幅広い情報が得られ、レントゲン検査・超音波検査と合わせ、完全な心臓の評価が得られます。

犬ちゃん・猫ちゃんの健康チェックする

お家でできる健康チェック

  Aコース
(若齢)
Bコース
(中齢)
Cコース
(高齢)
Sコース
(最も充実)
一般身体検査
血液検査
便検査
尿検査
レントゲン(胸部、腹部)
T4  
心電図    
腹部超音波      
  8,500円 12,000円 13,400円 15,500円
  • 毛並み(毛づや、脱毛、脂症)
  • 体重(減ってきた、増えてきた)
  • 食欲(食欲がない、食べ過ぎる)
  • 飲水(たくさん飲む)

ご予約から健康診断を受信、結果までの流れ

  • 完全予約制です。(お電話でも承ります。)
  • 健康診断の前日の夜9時以降はお食事をあげないで12時間絶食して下さい。
    (正確な検査結果に影響が出ます。少量のお水は構いません)
  • 検査当日は、朝10時までに来院してください。
  • 持参するもの
    検便用の便(当日したもの)
    朝食をお弁当としてお持ちください。(絶食が必要な検査が終わり次第、食べていただけます)
  • 丸1日お預かりして検査を行います。お迎え時間につきましては、当日担当スタッフが説明致します。
  • 検査結果は後日郵送、または飼い主様のみ来院していただき、獣医師が報告いたします。
    報告書作成まで10日程度かかります

当院で健康診断を受けたお友達

当院で健康診断を受けたお友達バックナンバー

チビすけ君 りゅうのすけ君 チビすけ君 りゅうのすけ君
池田さくらちゃん りゅうのすけ・ちびすけ君 チビすけ君 りゅうのすけ君
武藤かなちゃん 金メイちゃん 吉田ハッピーちゃん 佐藤ななちゃん
武藤かなちゃん 金メイちゃん 吉田ハッピーちゃん 佐藤ななちゃん
鈴木ココちゃん 佐々木ティディちゃん 児玉げん太くん 日沼エルモちゃん
鈴木ココちゃん 佐々木ティディちゃん 児玉げん太くん 日沼エルモちゃん
田中はじめくん
田中はじめくん